ピンボール アズールレーン

ホーム > よくある質問 > 「暮らし」のよくある質問 > 「税金」のよくある質問 > 亡くなった人の住民税はどうなりますか?

ここから本文です。

掲載開始日:2013年9月4日

最終更新日:2023年3月2日

亡くなった人の住民税はどうなりますか?

質問文

亡くなった人の住民税はどうなりますか?

回答文

亡くなられた方の住民税

住民税の納税義務の有無に関する事実の確認は、1月1日現在(賦課期日)の状況において行われます。

1月2日以降に亡くなられた方で、前年中に一定額以上の収入があった場合、相続人の方が申告・納税の義務を承継することになります。

亡くなられた方の住民税の納付

亡くなられた方の住民税は、「相続人」として親族の方に納めていただくことになります。

「相続人」としての手続きには「相続人代表者指定届」の提出が必要となります。

また、相続の権利を放棄した場合、納税義務は承継されないため「相続放棄申述受理証明書」の写し等をご提出ください。

なお、相続放棄の手続きについては、所轄の家庭裁判所へお問い合わせください。

 

添付ファイル

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課

電話番号:03-3908-1113

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階8番~11番